帝京長岡中学高等学校同窓会東京支部

会の設立
昭和46年
会員数
200名
役員紹介
支部長
川﨑 優樹
副支部長
高橋 めぐみ
会計監査
松澤 弘堂

活動状況

 当会は長岡の同窓会総会の支部として設立され、長岡の同窓会役員や学校役員を招いた支部総会の定期開催や、節目ごとの親睦会を主な活動としています。

本校は付属の大学が東京にある関係から、卒業後に上京する学生が多いという特徴があります。

会の歴史も古く、故郷の母校との絆を保ちつつ、在京同窓生の互いの活躍を称えあうとともに、良い 情報交換の場としても活用いただいています。
 一昨年度に役員が一新したこともあり、更なる発展に向けて、色々と企画を進めているところです。

越後長岡ふるさと会に期待すること

 当会に限らず、同窓会や郷人会は、ある程度活動範囲が決まっていることもあり、高齢化や参加者の減少に頭を悩ませていた一面があろうかと思います。
今回、市の公式バックアップの下でふるさと会が発足したことをきっかけとして、各団体の活動が活性化し、長岡の皆さん、あるいはこれから長岡から上京される皆さんへのアピールができれば、これらの課題の解決にも繋がるのではないかと考えております。