長岡中学・長岡高校同窓会東京支部

会の設立
昭和5年
会員数
約4,000人
役員紹介
支部長
山岸 憲司
副支部長
大原 精一
副支部長
飛田 悦子
常任幹事
中村 松男、米山 澄泰、酒井 正人、依田 素味、大澤 久

活動状況

 東京及び近県の長岡中学・長岡高校同窓生(各学年幹事あるいは本部が住所を把握している卒業生の合計で、案内通知の対象は4,000名弱)を会員とし、毎年、4月前半の土曜日に、総会及び同窓会を開催している。
 50歳を迎える年度の卒業生の学年幹事がその年の拡大学年幹事団を編成し、総会及び同窓会の企画・準備・実行を担当する慣行が数十年続いている。近年、多いときに100名前後の学年幹事団が編成されることもあり、部会編成をして綿密に企画及び準備活動をしている。
 同窓会での再会を機会に、あるいは新たな絆を得て、同窓会への帰属意識は高まり、かつて苦労をした先輩学年幹事たちの協力により、あるいは近い将来に担うことになる学年幹事たちの参加も活発になり、個性的なアトラクションなどもあって、例年550~ 650名くらいの参加者を得られている。(※詳しくは、『長岡中学・長岡高校東京同窓会ホームページ』にデータベースも掲載されており、最近の学年同窓会のページともリンクが張ってありますのでご参照ください。)
 そしてまた、それぞれの学年での仲間の再会や新たな出会いが結束を強め、それぞれの学年限りの同窓会が、総会当日の二次会として、あるいは、それとは別の日に独自に、頻繁に開催されるようになっている。
 支部役員は、支部長を含めて計8名であり、学年幹事と共に、準備会・報告会と年に二回の会議を開催し、それとは別に全学年の学年幹事を招集した百数十名規模の会議によって、企画・予算等を審議してもらっており、承認され実行に移されている。